食生活の見直しを

 

脂肪酸というのは本来、エネルギー源となり、血液の中で働き、細胞膜やホルモンの材料となり、人体を維持するのに不可欠な栄養素です。

 

エネルギーが大きい物質ですから、多すぎれば太りもしますし、様々な種類がある脂質のバランスが崩れればそれは即ち体全体のバランスが崩れているのと同じということになります。それぞれの脂質がお互いに釣り合いながら、人体を絶妙に保っているのです。

 

ですから、外食やコンビニ弁当の利用が多い方やスナック菓子が好きでトランス脂肪酸が多くなっているかもしれないという方は、太るだけでなく、体の調子が悪くなっている可能性があります。

 

脂質は血液の状態をコントロールしますし、細胞膜の組織の強さを調整します。ホルモンを作り、さまざまな栄養を吸収しやすい形にしたり、脂溶性のビタミンを取り込んで運んだりします。血液、細胞、精神それぞれに関わる脂質ですから、トランス脂肪酸がその多くを占めていれば、それなりに立ち行かなくなっておかしくありません。

 

その場合、ここはゼニカルを紹介するページですが、先に食生活の見直しが必要となります。脂質を減らすという前に、外食を減らす、出来合いのものを減らす、スナックやジャンクフードを減らす必要があるのです。

 

もし食生活が乱れているのなら、それだけで痩せるはずですから、ゼニカルは必要ありません。

 

そもそもゼニカルは何をする薬なのか。これは肥満治療薬と言って、摂った脂質の約30%を吸収させずに外に出す働きをするお薬です。 飲めば痩せるというものではなく、飲むことで脂質の吸収を抑え、脂質のコントロールを補助してくれる薬なのです。

 

どうしても忙しく外食、ジャンクフード、インスタント食品に偏ってしまいがちという方は、もちろん有害な油を排出するためにゼニカルを使うことをおすすめしますが、それ以上に良質の脂質を摂るということを考えなければいけません。

 

悪い油は体内に多くあっても仕方ありませんからいらないとして、しっかり人体で働く脂質はなくてはならないものなのです。