ゼニカルの副作用に注意しましょう。

ゼニカルは医薬品で効果が高いため、副作用を注意しなければなりません。

 

副作用は次のようなものです。

 

●おならが頻繁に出る
●下着を汚してしまうケースがある
●便の回数が増える
●軟便になる
●ベータカロチン・ビタミンE群不足になる

 

ベータカロチン・ビタミンE群は「脂溶性」の栄養素で、水分でなく脂肪分に溶け込むことで吸収されます。
ゼニカルは脂肪分の30%を吸収を阻害してしまうので、これらが不足してしまいます。
予防としては、ゼニカル使用中はマルチビタミンなどのサプリメントを一緒に服用が必須です。サプリメントはゼニカル服用前後の2時間をあけましょう。

 

また、個人差はありますが、便とともに脂肪分が排出されるため、便が柔らかくなります。そのため、心配な場合、万が一の漏れに備え、生理用ナプキンを使用するなどカバーが必要です。
しかし、もともと便秘症だった場合などは、便秘解消という方向に副作用が働く場合もあります。

 

現代は、個人輸入で様々な海外製品を買い付けることができるようになっています。そんな個人輸入で人気となっている製品のひとつがゼニカルです。ゼニカルの通販とは、この個人輸入のことをさしています。個人輸入でゼニカルを注文すれば、あとはゼニカルが自宅に届くのを待つだけでOKなのです。忙しい人程、その手軽さには定評があります。今やゼニカルだけでなくその価格から、ゼニカルのジェネリックも人気を集めるようになっています。

ゼニカルの注意点

ゼニカルは万人に使用できるものではなく、中には体質・年齢により使用できない人もいます。
以下の項目に当てはまる方は使用しないでください。

 

●胆のうなどに障害があり脂肪を分解する機能がもともと弱い方
●ゼニカルの主成分オーリスタットへのアレルギーがある方
●慢性的に消化不良気味な方
●妊娠中または授乳中の方
●お子様(海外では12歳以上であれば安全性の立証済です)
●心臓ペースメーカー使用者
●ホルモン治療中の人

 

 

胆のう機能障害などで、もともと脂肪吸収率の低い方は、ゼニカルによって栄養失調状態になる可能性がありますので使用はできません。

 

また、妊娠中・出産前後の女性は体形を戻すため、ダイエットをしたい時期でもありますが、ゼニカルの胎児への影響はまだ解明されていません。また、母乳中にゼニカルが出てしまった場合のリスクも明らかではないので、授乳中も厳禁。

 

上記のどの項目にも当てはまらないという方も、健康上不安があったり、使用に対して強い不安がある場合は、お金はかかりますが、医師の診断の元、処方してもらう方が良いと思います。

 

体質的に問題が無く、どのダイエットも続かない、効果が出ないという方には、このゼニカルダイエットは挫折しにくくお勧めです。

 

また、個人輸入を利用すれば高額な費用もかからず続けることができます。                
arrow今日のゼニカルの価格